第2子誕生


2012年12月28日まん丸満月の夜、第2子「いぶき」が誕生しました。7時28分…しずくと同じ時間に生まれ、なんと縁の深い事だと驚きました。
それと共に、こんな日が本当に私に起こっているのかと疑うぐらいの喜びと感動で、涙が止まらなかったのを思い出します。

無事に生まれてくれて心から感謝しました。

  

高齢出産


45歳の高齢出産であり、数値的なことを言うとほぼ絶望的な現実があったというのにも関わらず、不妊治療をしたわけでもなく自然な形で授かった事は自分でもあっぱれと思うのです。

もともと生理も不順を通り越しておりまして、生理が始まってから子供を授かるまでは28日周期などは見たことがなく、ひどい時は1年間生理がなかったり、または半年間ずっと続いたり…と不順もいいところで、その時に起こる痛みは悶絶に等しく、あまりの痛さに失神することもあり、病院には何件行ったからわからないほどでした。
その度に大量のホルモン剤を頂く、また生理がおかしくなる、また病院に通う…とその度に副作用でむくみ、吐き気、頭痛など、正直こんな治療ばかりなら「治らなくって良い」とさえ思っていました。
ですので子供を授かることなんて夢のまた夢で、妊娠などはハナから諦めていましたし、「不妊治療」ということはまた以前の再来…と私自身には嫌な記憶しか無かったことも有り、しずくの時も勿論、いぶきの時も考えてはいませんでした。

しかし、しずくの事を考えるとどうしても兄弟を授かりたい!!と以前より強く思っていたのは事実で、私が一人っ子だったことと、高齢出産をした訳ですので、必ず私達が早く亡くなってしまう事を考えると、今私が唯一できる事は授かる努力を精一杯してみようでした。自分が納得できるまで後悔しないようにと、心に決めて生理が終わるまで…ぐらいの気持ちで決心しました。

妊活


具体的には週1・2度の鍼灸治療吸玉よもぎ蒸しかっさなどありとあらゆる治療をしていました。どんなに忙しくても体のメンテナンスは欠かさないようにして赤ちゃんを受け入れる体を作るよう気をつけていたのです。
食事は余りこだわったり制限などはかけず、基本「体が欲するもの」を自然に任せてストレスがないように食べていました。

心のバランスはとても大事で、生理が来る度に落ち込むのです。何度「無理かな」と心が折れそうになったか解りません。「いいじゃない一人でもいるんだから」と自分を慰めてみても自分が納得出来ない。私が唯一できる事はしずくのために今頑張る事…と叱咤激励を繰り返す毎日でした。心のバランスを崩すと、生理のリズムも狂ってきたり、量、日数などの変化も起こり、赤ちゃんを授かるといった意味では逆に遠のく結果になることに気付き、母体である自分自身が、いかにストレス無く楽しく過ごさなくてはいけないか言うことも痛感しました。
 
ですので、とにかく私自身が楽しく毎日を過ごすということが一貫して行った一番の「妊活」だったのかもしれません。

そして願ってから3年目でようやく妊娠することが出来ました。
妊娠してからも高齢出産のリスクなどの心配や、私の病原体(風疹等)免疫力のなさなど色んな問題もありましたが、妊娠中のメンテナンスを怠らずに子供の力を信じて、楽しく二度と無いであろう妊娠ライフを過ごしました。

一度 逆子の体験もしましたが、お灸で治す自信もあり、それさえも楽しいの一言でした。お陰様でお腹の中でひっくり返る瞬間の経験もさせて頂きました。
自分で体験して痛感したのは、いかに 心と身体が密接であるかということと、 母体の自律神経を整えるのがどれだけ大切かということでした。治療院にも 妊娠を希望してこられる患者さんが沢山いらっしゃっています
鍼灸をすれば、よもぎ蒸しを受ければ授かるのか…決してそんなことは勿論有りません。不妊治療をした方でも授かった方、諦めた方…いろんな結果が有るのも事実です。私も自分の力不足を責めて嘆いたこともあります。

でもやはりその人の持つ「力」に頼るしか無いのです。

そして鍼灸はその人の持つ「力」を最大限引き出すこと、心と体のバランスを維持させエネルギーの底上げをして子供が出来やすい身体を作っていくように整えていく事。それは少なくとも、必ず身体にとって良い効果を生む結果になります。


お子さんを望む方、どうぞ 自分が考える全てのことを納得するまで行って下さい。あの時こうすれば良かったのでは無いかと後悔することのないように。
そしてその選択肢の一つに「鍼灸」を加えてみて欲しいのです。

効果に不安がある方へ


非科学的だと考える方もいるでしょうし、「鍼灸」は肩こり、腰痛だけといった知識をお持ちの方、お年寄りが行く所といったイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思います。ましてや不妊治療を行っている方にとっては「鍼灸」しても良いの?など思う方もいるでしょうが、鍼灸は副作用がありません。ですので、投薬等治療の邪魔はしないのです。
患者さんも不妊治療をしながら通う患者さんもたくさんいらっしゃいますし、実際その多くは良い結果を得られています。

絶対効果があるということは何事においても言えないとは思いますが、鍼灸は少なくとも、その可能性を上げることには繋がるでしょうし、何より自分の身体が健康に変化していくことで、それに伴い気持ちも変化し、更に良い結果に繋がるのです。

妊娠ライフも、副作用が無いので 高血圧症悪阻腰痛むくみ風邪などの症状などは取り除けますし、出産においても受けてる方と受けてない方とでは差が出ると言われます。
 
逆子で来られる方々が口々に言うのが「早く知ってれば良かった」と言う言葉です。もっと楽に妊娠中が過ごせたであろうと言ってくれます。

私自身鍼灸に出会わなければ2人の子供に会えなかったと思いますし、何よりこの年齢で自然妊娠、自然出産なんて本当に奇跡だと思っています。だからこそ是非とも試して欲しい、信じてみて欲しいのです。
 
1回や2回では正直結果は出ません。
どれぐらい…と聞かれても、その方の症状の深さなどで正確には答えられないのが事実ですが、最低3ヶ月見てみて下さい。大体3ヶ月ぐらい経つと変化が現れますので、その変化を見て判断されてもいいかと思います。

私も一緒にお手伝いをさせて下さい。
私が病弱な身体な上に高齢で出産ができたのは、同じ思いで悩んでいる方の気持ちを理解し、治療を施すためと言われているとしか思えないのですから。

「鍼灸」という未知な世界ですが、勇気を持って是非とも一歩踏み出してみてください。きっとなにかが変わるきっかけになると思います。