料金<税抜価格> ¥1,500〜

 生後2週間後から受けられます


小児鍼は体内に刺入することなく、皮膚に軽い刺激を与え、血行を促進することを目的とした治療法です。
生後2週間後から小学生位のお子様が対象となります。
 
効果は、自律神経など成長過程にみられる身体のバランスの崩れによる疳虫(かんむし…小児神経症)夜泣き不機嫌奇声食思不振風邪気管支喘息眼精疲労 下痢便秘消化不良などの疾患に効果的です。
 
鍼といっても身体に鍼を刺すわけではなく、接触・摩擦などの刺激を目的とした治療ですので、安心して一度お試しください。 小さなお子様は外部からの刺激に対してとても敏感ですので、皮膚表面に軽い刺激を与えるだけでも十分な効果が期待できます。
「院長の独り言」でも小児鍼のことを書いていますので、ご参考ください。